銀歯と金属アレルギーの関係について


金属アレルギーとは、身体と長時間接触する金属がアレルゲンとなって引き起こすアレルギー反応の1つで、アトピー性皮膚炎に似たような症状などがでます。金属に含まれる何の成分がアレルゲンになるかは人それぞれ違いますので、専門医などでパッチテストをして調べてもらうとより対処もしやすくなります。

一般的には、ピアスやネックレス、指輪などのアクセサリー類でこの症状を誘発することがよく知られていますが、これらは合金に含まれるニッケルやクロムなどが汗などで溶けて体内に入ったことで反応が出る人が多いためということです(もちろん、金などがアレルゲンになる人もいます)。

しかし実はそれだけではなく歯の治療の際に使われる銀歯というのも原因となりやすいことがわかっているのですが、特に口から離れた場所に症状が出ている場合などはなかなか気がつきにくくそのままにしている人も少なくありません。

 

唾液と金属アレルギーの関係

口の中にある銀歯は、唾液によって少しずつ溶けていてそれが体内に蓄積されていきます。保険が適応されている銀歯というのは正確には金銀パラジウム合金という名称で名前になっている3つの金属がとその他亜鉛、インジウムなどが少しの混合物なのですが、この中でもアレルゲンになりやすいと言われているのがパラジウムです。

金属アレルギーのパッチテストでは約半数の人に陽性が出るとも言われる程身体に悪い影響を及ぼしやすく安全性に疑問の高い金属なので現在ではほとんど使用されていない国もありますが、日本では今も使用され続けています。

口内炎が起こりやすい人は金属アレルギーが原因!?

口内炎が出来やすくなかなか治らないとか、口の中の金属がある場所がよく赤く腫れて痛みが出たりする場合は銀歯による金属アレルギーの症状である可能性がありますし、更に身体のどこかに原因不明の皮膚炎などが出ていたり、足裏や手のひらに水膨れのようなものが出来たりといったことがある場合は、金属アレルギーを疑ってパッチテストを受けにいってみるべきです。

そして実際にそうであった場合は、出来るだけ速やかに金属ではない歯に変えることが望ましく、今はプラスチック製のものでも保険適用されますし、少し高額にはなりますがセラミックなども保険が効くようになってきていますから昔のような手の届かない治療ではなくなっています。


まずはお気軽にお問い合わせください

contactus