オールセラミックの気になる値段と特徴


冒頭にもお話しした通り、最近ではネットなどで簡単に調べることもできますし、歯科医院側からの選択肢として説明もある場合もありますが「オールセラミック」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。簡単に言えば被せものの種類です。歯科治療にも保険適用と保険適用外がありますが、こちらの「オールセラミック」は保険外の最高の被せものと言えます。

「オールセラミック」とは金属を使用せず、セラミック(陶器)だけで作られた歯の被せものを言います。

全てをセラミックで作製することで、より自身の歯に近い透明感のある自然な歯を再現できます。また、被せものをされている方で口を開けたときに銀歯が目立って気になるということはありませんか。安心してください。

こちらは前歯だけでなく奥歯にも被せることができます。強度の高いセラミックを使用することで物を噛むという機能的にも、口を開けたときに被せものが目立つという審美的にも満点で歯の機能を回復することが可能です。

金属アレルギーと診断されている方は、金属を使用していないのでアレルギー反応が起こる心配もありません。保険外の被せものの中に「メタルボンド」という種類があります。こちらも同じくセラミックで作られていますが、違いは金属の表面にセラミックを焼き付けたものになります。まれに歯茎の一部分が黒く変色をしている方を見たことはありませんか。

 

この黒くなっている原因が金属を使用することで、金属が歯茎に漏れ出していることにあります。これは、金属を使用している被せもの全てに可能性があることです。

黒くなった歯茎は刺青のようになり、被せものを後から変えても歯茎の色は変わることはありません。その黒く変色してしまうことを予防するためにはこの金属を全く使用していない「オールセラミック」が最もいい治療と言えます。

ただし、神経を取って被せものをするという方場合は土台をいれて被せものを作っていくのでその土台に金属を使用してしまうと結果より歯茎が黒くなりやすいことがあるのでご注意ください。もちろん変色の心配のない金属以外の土台もあります。そしてセラミックの特徴は色が変色することがありません。そのため長期間きれいな状態が維持できます。

そんな機能性、審美性に最高級なセラミックですが、費用面に関しては歯科医院によってや被せる場所によって多少の違いはありますが前歯の治療でおよそ1本9~18万円(奥歯の場合は7~18万)になります。

費用に関して驚かれる方がいらっしゃると思いますが、ここで保険と保険外の説明をさせていただきます。

まず保険の治療で頭に置いてほしいことが、生活をする上での基本的な機能、審美回復ということです。もちろん前歯に関しては保険内でも白い歯をいれることができます。ではその違いは白い部分に使用される材料の違いです。

 

保険内で使用される白い部分は歯科用の強化プラスチックです。プラスチックは水分を吸収しやすいので長期に使用すると変色していきます。昔は綺麗に被せものをしてもらったのに、被せてもらった歯がなんだか最近茶色くなって目立ってきていたり、こちらも金属にプラスチックを貼り合わせているので歯茎が下がりプラスチックがすり減り内面の金属が目立ってくるなどご自身の歯をみられたときに気づくことはありませんか。先ほども申し上げたとおり保険内の被せものは基本的な機能、審美回復ですので価格は安くても長い目で見たときに劣化してしまうというデメリットがあります。

綺麗な歯はそれだけで知的にみられます。前歯が黒く変色していたり、以前いれた被せものが劣化していたりしては、印象も悪くなるどころか、話の説得力さえ欠けてしまいます。

最近ではむし歯ではないが、もともとの自分の歯の色が黄色かったり灰色に近かったりする方も「オールセラミック」にする方が増えています。

ホワイトニングという治療もありますが、ホワイトニングのデメリットは色が戻ってしまうことや、自分の好きな色にすることができないということがあります。「オールセラミック」はもちろん自分の隣在する歯に色を合わせることも可能ですし、前歯を全てセラミックに変えれば自分のしたい白さに自由に選択することができ、長く持続することができます。

安心安全のオールセラミック

 

ここから内部リンク

 

歯は人の印象を大きく変えます。綺麗な歯で自信につなげ素敵な笑顔をいつまでも続けてください。

 


まずはお気軽にお問い合わせください

contactus