e.max導入で歯科クリニックの増患・増益対策を


歯科クリックで、増患・増益対策を考えないといけないという時に、オールセラミックのe.maxを導入して販路開拓を行う、という方法がございます。

新たな歯の詰め物や被せ物の治療を受けたいと考えて、メタルボンドとオールセラミックの違いについて知りたいという患者様もいらっしゃるかと思います。

メタルボンドは歴史が非常に長く、現在でもつかわれている素材となっています。金属製と比較すると審美性に優れておち、前歯にも奥歯にも治療を行うことができます。連結やブリッジなど対応できる範囲が多いですし、使われてきた歴史が長いのでメリットだけでなくデメリットなどもきちんと分かっています。

メタルボンドは金属であるという問題

しかし、メタルボンドは内部が金属であり、作成するタイプによっては内側に金属の部分が見えてしまうことがあります。また、金属アレルギーの人には向いていないため、他の素材を選んだ方が良いでしょう。

内部に金属を使っているため、時間が経つと金属部分が見えてしまうこともあります。メタルボンドは光の当たり方によっては違和感が出てしまいますし、オールセラミックと比べて不自然な見た目になってしまうことも多いでしょう。

金属アレルギーの影響を受けないオールセラミックのe.max

e.maxなどのオールセラミックは金属を全く使っていないという特徴があります。審美性に優れていますし、金属アレルギーの心配などもありません。しかし、オールセラミックは破損することもあると知っておきましょう。

破損の理由はいろいろありますが、オールセラミッククラウン自体の強度によって割れてしまうこともありますし、技術的な問題によって割れてしまうこともあるのです。

しかし、最近ではこのような問題も改善されており、利用しやすい治療であると言えるでしょう。神経のない歯に対して以前は金属製の土台が使われることが多かったのですが、現在では金属を使わない土台に変わってきています。

e.maxの導入で新患を獲得したという院も数多く存在

e.maxの導入で新規患者の獲得率がアップした院も多く、技術的にも歯が割れる確率が減ったことはもちろん、審美性も向上したと言われています。オールセラミックといってもさまざまな素材が使われていますが、e.maxという素材が注目を集めています。

この素材は従来のメタルボンドよりも3~4倍の強度を持っていると言われており、奥歯の治療に使う場合も安全です。

ちなみに、従来の金属を使った虫歯治療の場合、虫歯を削って型を取り、金属製の詰め物や被せ物を歯に装着するという流れでした。その時にセメントという素材を使うことになります。そのため歯と金属が直接接着しているわけではありません。

天然の歯に近い強度

オールセラミック自体は硬さがありますが、脆いという特徴のある素材です。歯とオールセラミッククラウンをしっかり接着させることが大切であり、歯とオールセラミッククラウンをしっかりくっつける方法のことを接着と呼んでいます。

e.maxは最新の素材で作られたオールセラミッククラウンであり、天然の歯に近い強度を持っているのに歯に優しいというメリットがあります。

自然な見た目を再現したいという人や金属アレルギーが心配な人におすすめであり、安全性の高い治療であると言えるでしょう。天然の歯を傷つけるリスクも少ないですし、歯茎が黒ずんでしまう心配もありません。

e.maxは自費メニューとして最適

e.maxなどのオールセラミック治療は自由診療なのでクリニックごとにかなり費用は異なっていますが、8~15万円程度が相場と言われています。

中には5万円程度で治療を行っているクリニックなどもありますし、できるだけ安いところを選びたい人もいるでしょう。弊社では業界安値価格でのご提供を行っております。

>>e.maxの提供価格について

審美的にも高い需要を持つe.max

オールセラミッククラウンは歯の見た目を綺麗にしたいという人におすすめであり、歯が綺麗になれば堂々と口を開けて話したり笑ったりできるようになるでしょう。

また、以前被せ物や詰め物の治療を受けたけれど、周りの歯と馴染まなくて気になっている人や、加齢によって歯茎が痩せて黒ずんで見える人にも最適な治療となっています。オールセラミッククラウンは金属を一切使わないため、金属製のクラウンを使った場合に気になるデメリットの心配は一切ありません。

変色がなく、高い審美精性と安全性が人気の秘訣

変色がないことはもちろん、審美性に優れていることや人体への影響がないという魅力があります。e.maxの治療を受ける場合はその注意点についても知っておくと良いでしょう。

まずは透明度が高すぎて元の歯の色と合わないことも考えられます。天然の歯は全て白くて透明感が高いというわけではないため、専用のセラミックなどで色を再現させる必要があります。

 

ぜひe.maxを導入して新たな販路開拓を考えられている方はお気軽にお問い合わせください。


まずはお気軽にお問い合わせください

contactus