オールセラミッククラウンe.maxの特徴


歯の治療を考える際、削った後の被せ物には多彩な種類があります。近年では、セラミックと言ったものは良く耳にしますが、これを用いて治療をする際、気をつけたいのは、セラミックと言っても色々な種類があり、強度や審美性、利用用途が異なるという点です。

色々あるセラミッククラウンの中から、e.maxの特徴について確認していきましょう。まず、e.maxはオールセラミッククラウンと言う分類となっています。

オールという言葉からも分かりますが、セラミックを用いたクラウンはすべてセラミックの場合もあれば、そうでないものも多数あります。

裏側を金属で補強するメタルボンドや、レジンと混合したハイブリッドタイプも有り、これらはセラミックスの長所に、金属やレジンの長所を組み合わせたものに成ります。

ただ、メタルボンドでは金属が見えることになりますし、レジンとのハイブリッドは経年による変色が心配です。

オールセラミックでは、こう言った部分で審美性と自然さはハイクラスで、耐久力のバランスも良いですし、金属を使わないため、金属アレルギーの心配は無い点が特徴となります。

では、e.maxは、オールセラミックの中でどう言った特徴があるのかと言うと、透明感を持っており、自然の歯に近い、ナチュラルで美しい治療が目指せるという部分に成ります。

オールセラミックスは鮮烈な白さを持ったものも有りますが、e.maxはどちらかと言うと自然な白さと透明感を再現できる点が優れており、違和感なく仕上げたい場合には適している選択肢と言えます。

天然の歯と同じような色合いにすることも可能で、一般人には治療したのかかなり分かり辛いレベルで仕上げることも可能です。この透明感の高さはセラミックの中でトップクラスなのですが、単に半透明と言うだけではありません。

e.maxはいくつかの技法で制作することが可能ですが、レイヤリングという技法で作られるものでは、基礎となるフレーム部分と、レイヤリング部分に異なる素材を用いることで、天然の歯のような透明感を出し、また、色合いについても多彩な表現が出来るようになっています。

この技法を使うことで、前歯など人目につきやすい部分はナチュラルに仕上げていくということも、治療の上で選択肢となってくるでしょう。また、e.maxには別の作成技法があり、こちらはまた違った特徴を持つクラウンを作ることが可能です。

もう一つの方法は、異なる素材を組み合わせるレイヤリングとは異なり、e.maxで単層のクラウンを作るというもので、ステイン法と呼ばれています。

ステイン法は、e.maxの強度を最大限に引き出す事が可能となっており、天然の歯の持つ350mPa程度の硬度に対し、この方法で作ったクラウンは400mPaと言う硬度を誇ります。ほとんど天然の歯と変わらない強度を出せますから、臼歯の歯冠部にも適したものとなっています。

硬さが同程度なので、治療した後、長く使っているうちにセラミックのほうが摩耗したり、天然歯の方を削ってしまったりと言ったリスクも低減が可能と言われます。ステイン法ではレイヤリング法と異なり、高強度なe.maxに仕上がりますが、審美的にはやや劣ります。

この為、レイヤリング法で見えやすい部分を治療し、奥歯などの目立たない部分にはステイン法を用いるなどの使い分けもされているようです。

こう言った多彩な選択肢がある点も、e.maxの優れたところと言えるでしょう。

 

上記のレイヤリング法、ステイン法はプレスと呼ばれる種類の技法に成りますが、e.maxはより先進的なCAD・CAMによる作成もできます。

CAD・CAMによる方法では、コンピュータのサポートを使いながら歯のデータを読み取り、コンピューター制御のもとで歯の補填物を作り上げるという内容です。

この方法では早く、正確に作ることが可能となっていますが、レジンとセラミックを混ぜたハイブリッド・タイプが使われることが多くなっています。

ただ、e.maxはこの方法に対応しているので、CAD・CAM法を用いた治療に関しても、選択肢を広げてくれることになるでしょう。e.maxは治療後の耐久性についても高めで、吸水率が低いために、着色されにくいのも魅力となっています。

インレー、クラウン、ブリッジと色々な使い方が可能ですが、一般的には大臼歯のブリッジには向いていないとされる場合が多く、この部分では違った治療法を考える必要があるでしょう。

また、3本、4本ブリッジにも適していないとされたり、こう言った制限もありますが、今のところ、歯の治療を行う際には、どの方法にも一長一短があり、それぞれの特徴を考えて治療計画を立てていくことが大切と言えます。

e.maxと他の治療方法を組み合わせることなども可能で、実際に色々な治療法を使い分けている歯科医も少なくは有りません。どの治療が、どう言った用途に適しているか、選択肢は豊富ですから、後悔しないよう、じっくり調べてみるのも良いかも知れません。


まずはお気軽にお問い合わせください

contactus